介護の経験がなくても
働きながら介護技術を身につけ
介護福祉士になることは十分に可能です

年度別 介護福祉士 国家試験合格者


年度別介護福祉士国家試験合格者グラフ

アガペ会は、働きながら介護福祉士の受験資格を得る方のために、
「実務者研修」の受講をサポートします。

介護福祉士の受験資格については、下記を参照下さい。
http://www.sssc.or.jp/kaigo/shikaku/route.html

資格取得者のひとこと
北中城若松病院 第3病棟 H・Eさん(女性)

介護福祉士を目指したキッカケは、高校時代のボランティアサークル活動を通し、取得したい資格でした。
受験にあたって、勤務終了後は夕方からの実務者研修に登校していました。週2回のスクーリング参加する為に授業に遅れないよう、部署では早番シフトを組んでサポートしてもらいました。
「孝行したい時におやあらず」自分の両親に出来なかった孝行を、療養者を通してさせてもらっています。その為に生きるとは、何か、日々精進しなくてはならない。そう思います。

北中城若松病院 第5病棟 Y・Kさん(男性 26歳)

介護福祉士を目指したきっかけ
入職当初は、同僚の皆さんが「資格を取っていた方が良いよ」と言うので、それなら取ってみようかな程度に思っていたのですが、介護として働くうちに『もっと介護としての知識や技術を学んで行きたい!』と思うようになり、介護福祉士を目指そうと強く思いました。
自部署の協力
介護福祉士を目指すに当たって実務者研修が必須になり、学校へ通わなければならない状況でした。しかし同僚の皆さんの協力で、学校の日は休みをもらう事ができて無事、実務者研修を修了することができました。又、試験の際は部署の皆が応援してくれてとても励みになりました。
今後、介護福祉士として目標をもって頑張って行きたいと思います。

北中城若松病院 第2病棟 Kさん

正直、介護福祉士をとれたという実感は、あまりありませんでした。
私の場合、16回目にしてやっとの合格なのでほっとした気持ちと、やっと妻や家族に安心してもらえる要素ができたという感謝の思いでいっぱいです。病棟の上司、同僚、先輩、また私にやる気をださせてくれた後輩に感謝致します。資格を取ったことで少しでも仕事の現場に活かし、療養者、御家族のお役に立てるよう、今後ともがんばっていきます。
私事ですが、今回12回目のナハマラソンに出場し11回目の完走をすることができました。自己の可能性を信じてこれからも様々なことにチャレンジしていきます。

地域医療包括ケアセンター デイサービスきたなかぐすく Uさん

半年前から業務終了後に有資格者の職員より講習してもらいながら、少しずつ勉強してきました。実務経験はあるものの、勉強を進めていくうちに自分の知識不足を痛感しました。資格取得にあたり、この知識と経験を利用者に対して役立てていきたいと思います。

地域医療包括ケアセンター デイサービスきたなかぐすく Sさん

資格取得に向け受験対策CDを聞きながら通勤し、インターネットの問題集(ケアサポ)を活用しました。そして6月頃からは業務終了後、職場のメンバーに週1~2回、勉強会を設けてもらい、いろいろ教えていただきました。
職場のメンバーや家族の協力・励ましもあり、おかげ様で習得でき、よかったです。

地域医療包括ケアセンター 小規模多機能ホーム若松 きたなかぐすく KYさん

職場の日常業務で体験した事(教えてもらった事)や勉強会等で得た知識が、問題の解答に繋がるところが多くありました。
実務者研修を3月までに終了し、筆記試験に集中することにしました。しかし、3月に交通事故にあい、頸椎捻挫による痛みがひどく、長時間集中することができなくなりました。そこで、車内で介護の心得のCDを聞いたり、毎日5分×2問のペースで問題やテキストを読む勉強法をしました。
職場でも限定した作業しかできず、同僚にも過大な迷惑をかけている事と痛みのため、何度もやめようと思いましたが、一緒に受験する友人達や同僚の支えがあり、なんとか合格することができました。本当に感謝しています。
まだなだ知識不足なので、あらためてテキストの読み直しを現在行っている状態です。これからは、利用者にも自分にも負担のかからない介護法を少しずつ勉強していきたいと思っています。

地域医療包括ケアセンター ケアホームアガペ KHさん

実技免除の講習を受け、ひたすら過去問題をしました。
講習を受けるにあたり勤務(休み)等を調整してもらったり、先輩にもいろいろアドバイスをいただきました。
今回、「一発で受かるぞ!」という強い気持ちで取り組みました。

北中城若松病院 第3病棟 Mさん

実技講習への参加をするために、病棟スタッフのみなさんの協力を得て、時間を作ることができ、資格取得へと前進することができました。また職場には、介護福祉士の先輩方がたくさんおり、経験やアドバイスなどをたくさん聞く事ができ、それを活かして介護福祉士の資格を取る事ができました!
なによりも職場の上司、先輩・後輩のみんなが自分の事のように喜んでくれた事が、ありがたくうれしかったです。

北中城若松病院 第3病棟 Hさん

今回、実務経験3年を経て介護福祉士を受験しました。
北中城若松病院での介護経験や医師並びに看護師の皆様より、日頃から医療的な指導もしていただいたおかげで、一発合格ができました。
また、実技試験前には、受験対策講習も開催していただいたことにも感謝しております。