新型コロナウィルス感染者発生のご報告(第2報)

  • 新型コロナウイルス関連情報

新型コロナウィルス感染者発生のご報告(第2報)

2020年12月3日

第一報でお知らせした「患者さんと接触した可能性のある職員及び同室者の患者さん」のPCR検査を行い、50名すべて陰性でした。
保健所より、同室者の患者さんと4名のスタッフが濃厚接触者と判断されましたので、患者さんは隔離対応の継続、スタッフは自宅待機としております。
現時点では濃厚接触者も含め、職員、療養者の皆さんに体調不良者はいません。

 

マスクのできない認知症患者さんの管理はとても難しいため、

念のため、12月14日までは、当該病棟の入退院は制限いたします。

 

また、ハートライフ病院からICNの支援をいただき、感染対策について再度強化することが出来ましたので、外来及び他の病棟は、本日(12月3日)より通常通りの運営になっております。

 

新型コロナウイルス対策は、本当に難しいと思います。ご家族の皆様にも面会制限など ご心配、ご不便をおかけしており、誠に心苦しいのですが、療養者とスタッフを守るためにも引き続き
感染対策にご理解、ご協力をお願いいたします。

 

北中城若松病院
院長 當銘正彦