認知症カフェだより

  • 認知症カフェに関するお知らせ

認知症カフェだより

平成29年12月9日(土)
(午前)勉強会「お薬の作用、副作用について」薬剤師(認知症専門士)小田垣勝世

今回の勉強会はクスリのリスクと言う事で作用、副作用を中心に教えて頂きました。
薬を服用すると言う事は『両刃の剣』と言われ、例えば風邪薬にしても薬を服用する事によって風邪症状はおさまりますが、眠気が出る等の症状が現れる等の作用、副作用がありました。
また、排便コントロールに服用する酸化マグネシウムは心臓に持病のある方は副作用として徐脈が出る場合もあったり、錠剤などは少量のお水で飲んだ場合、途中で食道や、胃の中に留まってしまい潰瘍の原因となる事等も、病院に勤めているのに勉強不足だな~と反省しきりとともにとても勉強になりました。
また認知症に使われるおくすりに貼り薬がありますが、昨日の物をはがさずに新しい貼り薬を貼ると過量となり重篤な副作用症状が報告されている等普段聞けない話が聞けてとても有意義な時間となりました。

 

 

20171209cafe1

 

 

午後

午後より、北中城村内の方が4名、3病棟に入院中の方の家族様1名の来場者がありました。皆様フラッと立ち寄られた方で飲み物を飲みながらスタッフと雑談されたりしていました。
3病棟に入院中の家族様は長いことお母様の介護に携わっていると話をされ色々と今までの事の話しを聞いていているととてもご苦労されていたようなので大変でしたねと声掛けすると「大変ではなく楽しいですよ」と笑顔で言っていました。苦労ではなく楽しいと笑って言っていた事に対してすごく感動しました。

 

 

20171209cafe2

 

 

まとめ

今回の認知症カフェは14名の来所がありましたが、ミニ講座へ参加される一般の方の参加が少なかった事は今回も大きな反省点となりました。
今年度は2月にもう1度ありますが再度広報箇所を増やし、病院内の協力も継続して行い次回開催の際にはたくさんの方が来場できるようしていきたいと思います。