第3病棟(特殊疾患療養病棟1)概要

病床数:54床 基準:特殊疾患療養病棟1
神経難病・脳血管障害・慢性心疾患・慢性肺疾患などのため、高度の意識障害や重度の身体障害の状態にあり、長期的な入院医療および濃厚な看護とケアが必要な方のための病棟です。

目標

安らかな療養環境を整える
個別化された納得の医療を提供する

看護・介護 配置

3病棟では、1日に10人以上の看護職員(看護師、准看護師)と10人以上の介護職員が勤務しています。なお、時間帯毎の配置は次のとおりです。

  • 朝9時~夕方17時まで、看護・介護職員1人当たりの受持ち数は5人以内です。
  • 夕方17時~深夜1時まで、看護・介護職員1人当たりの受持ち数は14人以内です。
  • 夕方17時~深夜1時まで、看護・介護職員1人当たりの受持ち数は14人以内です。
リハビリテーション
  • 身体機能の評価と、療養環境の評価を定期的に行い、安全・安楽な環境調整を病棟スタッフと協力して行っています。
  • 病棟での活動として車椅子離床の実施、屋外活動として散歩や外出等の支援を行っています。

担当:作業療法士 常勤換算0.5

北中城若松病院の住所・連絡先

第1病棟第2病棟|第3病棟|第5病棟第6病棟