リハビリテーションの紹介
急性期

疾病の治療と同時に、長期臥床による二次的合併症(肺炎や関節拘縮、全身の筋持久力や身体機能の低下など)を予防する為に、早朝からベッドサイドにてリハビリをはじめます。
急性期の治療が落ち着いた後には、早期に離床を行い、障害に応じた身体機能の回復、改善を図り、日常生活の早期自立を目指します。

回復期

心身の基本的な能力の改善から、日常生活を送るために必要な技能を修得し、社会への適応能力を身につける。

維持期

疾病の発症から一定の期間が過ぎ、症状が比較的安定している時期であり、身体機能の回復期までのリハビリが終了し、獲得された日常生活や社会生活を維持、継続していくことを支えるリハビリを行います。

リハビリテーション部の理念

利用者と家族の可能性を引き出し、生活に必要な能力に整え、地域・社会と連携し「その人らしい生活」を創るために努力します。

活動紹介
スクエアステップ始めました

転倒予防・認知機能向上・体力づくりを目的とした運動療法として今注目されているスクエアステップを、当法人内認知症治療病棟と、回復期リハビリ病棟で今年度より開始しました。
脳と体の活性化、楽しく続けてイキイキ生活目指します。
 


初めは準備体操
怪我の予防と共に、運動に向け体と心を整えます

 


個人の状態に合わせて対応します

 


テンポよく升目をステップし進みます

皆で楽しみながら取り組んでいます。大笑いしながらも皆一生懸命です。

<認知症治療病棟の様子より>

理学療法(PT)

身体に障害を持つ方へ、運動療法、物理療法などを行います。人間の「座る、立つ、歩く」といった基本的な動作能力の維持や回復、また痛みの緩和、障害の予防などを目的とした活動を行います。

作業療法(OT)

食事、排泄、入浴などの日常生活全般に必要な動作の獲得や、手芸・園芸・陶芸などの趣味活動を通して麻痺の回復や障害克服を目指す療法です。退院後の生活環境調整、特に家屋の改造、福祉用具の導入のご相談にも応じています。

言語聴覚療法(ST)

摂食・嚥下障害(食事や飲み込みに問題がある)や失語症(言葉が出てこない)、構音障害(うまく話せない)などのコミュニケーション障害や高次脳機能障害のある方へ、評価・ならびに訓練を行います。

心理療法(CP)

昔のことを語り合う場を設定し、沖縄の豊富な刺激材料(琉歌・民謡など)を工夫しながら、高齢者の情動の安定や対人交流の促進を目的とした回想法を行っています。

歯科衛生士

お口のトラブル(汚染や口臭、粘膜の傷など)への対処や誤嚥性肺炎の予防を目的に「爽やかな口」「健やかな口作り」をサポートしています。

北中城若松病院の住所・連絡先