医局の紹介

我々若松病院医局は、日々理想の慢性期医療システムの構築を目指しています。

医局の基本方針
  1. 医療チームのコーディネーターとして、療養者を取り巻く人々間の強調を図ります。
  2. 知識や技術を同僚やスタッフに還元し、チームの総合力を高めます。
  3. たえず研鑽し、常に知識の更新を行います。
  4. 独善を戒め、互いに学び合います。
  5. 慢性期医療における理想の医師の役割を模索します。
医師紹介
涌波 淳子(理事長)

専門科(分野)
老年科
認定医・専門医・指導医等
沖縄県認知症サポート医
≪一言メッセージ≫
高齢者医療は、どんどん進化してきています。1人の力ではできない事も、多くの方々の協力によって、より良い医療、より良い介護、そして「老いても、障がいを負っても、その人らしく幸せな時」をすごせるように一緒に頑張っていきたいと思います。

當銘 正彦(院長)

専門科(分野)
内科、呼吸器内科
認定医・専門医・指導医等
日本内科学会 認定医、日本呼吸器学会 指導医
≪一言メッセージ≫
公正・公平な医療のあり方を求めて歩みたい。

新城 かずさ

担当病棟
一般病棟、特殊疾患療養病棟1
専門科(分野)
内科、神経内科
認定医・専門医・指導医等
内科認定医(神経内科専門医、内科専門医、受験中…)
≪一言メッセージ≫
理念と基本方針が生かされた病院だと思います。
何かをしようとした時に、自分以上に気持ちを込めて動いてくれるスタッフが多くて本当に助けられます。
今まで大学病院でしたくても出来なかった「その人と家族に最後まで寄り添う医療」が出来る所です。
よりよい『看取り』の形、よりご本人とご家族と医療者皆がハッピーになれる『終末期医療』の在りかたを仲間たちと共に日々模索・実践しています。自分や自分の両親が年老いた時に、最後はアガペ会で迎えたいなぁ…と思え、ここで働ける事を幸せに思える職場です。

国吉 孝夫

担当病棟
認知症治療病棟
専門科(分野)
内科(消化器科)
≪一言メッセージ≫
まずは来てみて、やってみて、入職してみて、自分で感じてみてください。

森田 悦雄

専門科(分野)
内科・循環器科・リハビリ科
認定医・専門医・指導医等
総合内科専門医、循環器専門医、産業医、医学博士
≪一言メッセージ≫
高齢者の多くの事を勉強させてもらいました。それらは、高齢者を診る場合の医師としての技能をあげるためばかりではなく、老いてからの自分の在りかたを教えてくれる人生勉強としても大きな財産となりました。
そして、医療は頑張るものではなく、ただただ寄り添うものだということも教えてくれました。ありがとう。

山入端 浩之

担当病棟
一般病棟、若松苑、ファミリークリニックきたなかぐすく、グループホーム
専門科(分野)
家庭医療科
認定医・専門医・指導医等:
家庭医療専門医
≪一言メッセージ≫
家庭医療という分野はまだあまり知られていませんが、患者さんの疾患だけでなく心理面や社会背景なども重視する診療科です。アガペ会に入職し多くの高齢者の方に接することでその重要性を再認識しています。人はそれぞれに生きてきた人生があり、その人らしい余生を送って頂くために何ができるのか、日々模索しています。また、それをご本人・ご家族と一緒に探していければと考えています。

玉城 哲

担当病棟
一般病棟、回復期リハビリ病棟
専門科(分野)
内科・外科・消化器外科
認定医・専門医・指導医等:
外科認定医、消化器外科認定医、産業医、診療情報管理士
≪一言メッセージ≫
人は年を重ねると色々な病気を患ってしまいます。特に認知症の合併は、今後増加していくと思われます。その方々に対して各々の状況に応じ、様々な病院・施設・機関などと連携し、家族や社会状況を考慮して、より良い生活(老後)を過ごしていただくために、リハビリや医療の提供を進めていき、本人/家族が満足し心安らかに終末を迎えられるような医療をめざして研鑚していきたいと考えます。

仲地 えりか

担当病棟
一般病棟、若松苑
専門科(分野)
内科(呼吸器)
認定医・専門医・指導医等:
内科学会認定医
≪一言メッセージ≫
とても熱心なスタッフが多い病院だと感じています。

北中城若松病院の住所・連絡先