入所介護/施設サービスの特徴
在宅生活を見据えたケア

自宅やグループホーム、有料老人ホームなどの退所後の生活を見据えた介護や機能訓練等を看護、医学的管理の下に行ないます。

在宅生活が継続できることを目指して

可能な限り在宅生活が継続できるように、ご本人とご家族へ介護・療養指導、動作指導、食事指導等を行います。

霊的ケア

チャプレン(法人付牧師)が、霊的ケアを担当します。

充実したリハビリテーション

リハビリテーションスタッフ(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)がそれぞれの専門性を活かしたリハビリを行い、ご利用者をサポートします。
自らの力で起き上がり、立ちあがり、歩くこと。このような基本的な動作ができるようにアドバイスやリハビリをしています。
歩行器、平行棒や訓練用階段などを使用したトレーニングや、周囲の緑を眺めながらの屋外歩行練習を楽しく行い体力づくりができる環境を整えています。


作業活動・園芸・回想・ゲームなどを通し、脳の活性化を図ります。また暮らしの中で生きがいを探すお手伝いをします。
入所後は、ご利用者の身体状況を確認させて頂き、リハビリ目標と訓練プログラムを立案していきます。
リハビリスタッフと個別リハビリをマンツーマンで実施し目標達成できるよう一緒に取り組んでいきます。(入所後3ヶ月間は最大週6回実施可能)

ショートステイ(短期入所療養介護)
  • 介護疲れがないように 少し休みたい。
  • 介護者の体調が悪いので しばらくの間 介護してほしい。
  • 冠婚葬祭・旅行があるので 1週間程度介護してほしい。
  • 在宅での生活が継続できるようにリハビリをしたい。
サービス内容

施設サービスの内容と同様です。(個別リハビリを希望の方へはリハビリ職員が対応致します。)
送迎サービスは、追加料金にて行います。(ご家族による送迎も可)
ご相談下さい。

ご利用可能な方

介護保険証をお持ちの方で (ア)(イ)に該当する方。
(ア)要支援1・2または、要介護1~5と認定された方
(イ) 認定の有効期間内の方

ご利用の前に

介護支援専門員(ケアマネージャー)によるケアプランの作成が必要です。 当法人の居宅介護支援事業所のケアマネージャーも利用できます。どうぞご相談下さい。

契約

入所利用の同意書をお書き頂き、ご利用となります。

各種説明書

重要事項説明書(入所)
重要事項説明書(短期入所)

PDFファイルをご覧になるには専用のソフトが必要です。
こちらからAdobe Readerをダウンロードすることができます。
介護老人保健施設若松苑の住所・連絡先