あいさつ | 理念・ロゴ | 沿革 | 一般事業主行動計画
会長あいさつ

わが国が高齢化社会に突入し、手探りでその対応策を摸索し混乱を極めていた1987年に、アガペ会は高齢者医療の専門病院・北中城若松病院として誕生した。創設理念は、『老いていく方々に共感を持ち、その方々の体と心と魂をも支えていく病院』である。志を同じくする多くの職員が集まり、地域の方々に支えられて、ここまで歩んで来ることができた。

高齢者がたとえ疾病や障害を持っているとしても、地域で家族と共に生きていく事を望んでいるのであれば、入院医療のみではなく、退院した高齢者を、地域や家族の中で支える努力は必然である。その活動を進めていく中で、アガペ会の視点は、在宅の高齢者のみならず、地域全体の疾病管理・予防、介護予防更には健康増進へと展開して来た。

現在アガペ会は、ファミリークリニックきたなかぐすくを基軸に、訪問看護・介護・リハビリ、通所介護・リハビリ等から構成され、地域医療・保健・福祉を支える地域医療支援センターと、入院・入所が必要な慢性(亜急性も)疾患高齢者の専門医療・保健の役割を担う、若松病院及び若松苑の二部門の活動をしている。

アガペ会創設以来の20年を顧みる度に、そこに常に生きて働いている神の愛(アガペ)を実感せざるをえない。私達を愛して下さっている神は、『私が貴方がたを愛したように 貴方がたも互いに愛しあいなさい』と教えて下さっている。私達は地域の方々ひとりびとりに、アガペの愛でもって仕えていきたい。

特定医療法人 アガペ会 会長
田頭 政三郎
理事長あいさつ

2017年4月、北中城若松病院は設立30周年を迎えます。

認知症になっても安心して医療を受けられるようにと始まった当院は、認知症病棟、内科一般病棟、回復期リハビリ病棟、神経難病や意識障碍者のための病棟、重度の寝たきりの方のための病棟と機能分化しました。また、在宅医療と介護を支えるために、介護老人保健施設若松苑、デイケア(通所リハビリ)とデイサービス(通所介護)、認知症デイケアとデイサービス、小規模多機能施設、訪問看護、訪問介護、訪問リハビリ、グループホーム、ケアプランステーションを法人内に開所し、その方の必要な医療とケアを提供できる体制を整えてきました。2014年には、独居や老夫婦世帯の方を支えるために高齢者住宅を開所、2016年は、宜野湾市の老人福祉センターの管理を受託し、法人全体で「年を取っても障害を負っても安心して生活できる地域づくり」を目指してきました。高齢者や障碍者にとって「医療」と「介護」は生活と人生を支える大きな柱です。法人にとっての「医療」の中心は北中城若松病院です。当院は、これからも、近隣の急性期病院や介護施設を含む法人内外と医療・介護機関と協力して、「助ける医療」から「支える医療」までそれぞれのステージに応じて、医療を提供できるように努力し続けます。

職員数も増え、医療濃度が濃くなっても 私たちの想い(理念)は変わりません。「何ごとでも自分にしてもらいたい事は、他の人にもそのようにしなさい(聖書)」団塊の世代の高齢化に伴い、多様化、個別化した医療とケアのニーズをかなえていくために、療養者やそのご家族もチームの一員として迎え、共に歩んでいきたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

特定医療法人 アガペ会 理事長
涌波 淳子