こころのサプリメント

「心の調子を整えるために必要なもの」

チャプレン室 瑞慶山 真

 
私たちの体は、「食べたものでつくられている」、そう答えてもいいでしょう。
私たちは、食べることを通して、必要な栄養を頂いて体の調子を整えています。
体の成長、健康のために食べ物(栄養)は欠かせません。
 
では、心と体がつながっているなら、体に必要なものがあるように、心の成長や健康のために必要なものがあるはずです。
心の調子を整えるために必要なもの、それは言葉です。
それを身近に感じるのは、親であり、大切な人たちが語ってくれた「大丈夫だよ」、「あなたはあなたのままでいいんだよ」という言葉。
何度、これらの言葉を聞いて、慰められ、励まされたことでしょう。
 
私が子どもの頃の話です。
夕暮れ時、仕事を終えて帰宅した母は、休む間もなく夕食の準備をしています。
もう何が理由だったかは忘れてしまいましたが、友だちとケンカになり、誕生日に買ってもらった新品の自転車をボロボロにされました。
私は、泣きながらパンクして重たくなった自転車を押して帰りました。
「ただいま」と言ったきり、ふさぎ込んでいる私に、何があった?と心配してくれた家族は、「大丈夫だよ。」、「これぐらい、すぐ直せるんだよ」と声をかけてくれました。
そして、台所からは「今日はおいしいのを作っているからね」と励ましてくれる声が聞こえてきました。うれしかった。
すると、だんだんと暗かった表情も明るくなり、ご飯もおいしく食べることができました。体だけでなく同時に心も元気になった体験でした。
それだけではありません。心が元気になり安心しているので、ケンカをした友だちとも仲直りすることができました。自転車はボロボロのままだったけど、友だちを許すことも出来ました。
悲しい気持ちやワジワジーした心でいたら、きっとご飯もおいしくなかったし、友だちを許すこともできなかったでしょう。
これが私にとっての、心の調子を整えるために必要な言葉体験でした。
 
神様を信じて生きてきた私の人生で、心を成長させ、健康にし、調子を整えてくれる最良の言葉、それが聖書の言葉です。
そのような言葉に、あなたも出会ってみませんか。
 
イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。
(マタイ福音書4章4節)