こころのサプリメント

「何につながるか」

チャプレン室 田中 歩美

 
私たちは誕生した時から現在に至るまで、人とのつながりの中で生きています。
赤ちゃんとして誕生した私たちは、親のもとで育てられます。
親は、子どもを愛し、祝福する存在です。
仮にそうでなくても、子どもが一人で生きることはできませんから、他の人が子どもとつながって、その子が生きられるようにしてくれたことは間違いないと思います。
 
私たちは何につながるかによって、そこから受け取るものが違ってきます。
良いものにつながれば、良いものを受け取ります。
悪いものにつながれば、悪いものを受け取ってしまいます。
 
神様は私たちを祝福してくださり、良いものだけを与え続けてくださる方です。
聖書には、アブラムとサライという夫婦が出てきます。
二人は一般的なごく普通の夫婦でした。
しかし、神様がこの二人に目を留めてくださり、アブラムにこう語りかける場面が聖書に出てきます。
 
主はアブラムに仰せられた。
「あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福となる。あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。」
(聖書 創世記12章1~3節)
 
アブラムは神様の言葉を信じ、受け入れ、その通りに行動しました。
今から約4千年ほど前のことですから、当然、車や携帯、コンビニもありません。
そういう中で、見知らぬ土地へ行くことは大変なことだったと思います。
しかし、神様を信頼し続けたアブラムを、神様は約束通り祝福してくださいました。
アブラムから、多くの子孫が生まれ、王族も出るようになり、イスラエルという国が誕生しました。
 
祝福してくださる神様は、私たちにも同じように祝福を与えてくださる方です。
この方につながっていく時、私たちは多くの祝福を得ることができます。