こころのサプリメント

「いつまでも続くもの」

チャプレン室 喜瀬 英之

 
利用者や療養者の方々と接していると
「すごいなぁ」と感動することがあります。
 
聖書の中に「いつまでも続くものは信仰と希望と愛です。
その中でもっとも偉大なのは愛です(Ⅰコリント13章13節)」
とあるのですが、この方々の心を感じ取る度ごとに
「聖書にある通りだなぁ」と強く実感しています。
 
この方々とお話をしていると、
ご自分のことより子や孫を心配されたり、
ご家族の幸せを第一に考えておられる姿に心を打たれます。
 
ご高齢ゆえに体調があまり良くなくても、
あるいは後遺症を身に受けておられても、
あるいは畑仕事や家事ができなくなっても、
いや、だからこそ、
「子や孫にもっと色々やってあげたい」
「家族にはもっと幸せになってほしい」と
愛の心がどんどん大きくなってゆくのでしょう。
 
その愛の心は祈りにも表れてきます。
 
この方々から「祈ってほしい」と依頼されることがあり、
「何をお祈りしましょうか」と尋ねると、
「家族のために」と言われ、一緒に祈る姿から、
いつまでも続く親の愛の心を強く感じ、目頭が熱くなります。
 
このような愛の心を与えてくださった主なる神が、
それぞれのご家庭を豊かに祝福してくださるようにと
いつもお祈りしています。