北部離島勉強会 伊是名村

2月7日(土曜日)認知症の人と家族の会主催で、認知症の研修会及び地域ケア会議を開催した。

家族の会の副代表の崎浜えり子氏が、若年認知症の夫の介護の状況を講話し、認知症疾患医療センターの大久保が、認知症の予防と治療についてと、認知症の人と家族の会の代表の金武直美氏が、認知症と共に生きる、本人の思い家族の思いと題して講演を行った。

講演後は、地域ケア会議を行ったが、行政、駐在、区長、診療所医師及び看護師、民生委員、社会福祉協議会、地域包括支援センター、特別養護老人ホームと、認知症の人が地域で暮らすために必要な組織、人材が一同に揃い、予定の時間をはるかに延長するぐらい活発な意見交換が行われた。
各字別にこのような話し合いをしていく必要がある。

徘徊を静止する、通報するのではなく、見守り、できたら一緒に遊んでくれるような地域作りをしたいとの、ホームの施設長さんの意見に皆がうなずいた。
とても、こころが温かくなる会議でした。

 

20150207_izena